正しく理解してる人は少ない?車を使う人なら知っておきたい廃車買取の豆知識を紹介

車が壊れてしまった、事故にあってもう乗りたくない、事故を起こした車であるなど様々な理由で廃車にする人が多いです。
そしてそれを専門業者に持っていき査定してもらうことになるのですが、処分することを前提になるので査定額が安くほとんど値が付かないことも少なくありません。
当サイトでは車を廃棄する際に損しない方法や賢い方法などなどを豆知識としてご紹介します。
当サイトが皆様のお役に立てることを切に願っています。

正しく理解してる人は少ない?車を使う人なら知っておきたい廃車買取の豆知識を紹介

車を廃車にするのはそれに特化した専門業者に依頼するのが一般的です。
だが業者は廃車前提の見積もりになり、ほとんど値が付かず処分することになるんです。
しかし今まで乗った車を少しでも高く査定してもらい廃車にする方法がかあるんです。
それは中古車販売業者に持ち込んで新たな車を買うことを前提に下取りを交渉してみることです。
中古車販売業者は廃車でも人気車種や走行距離が少ない場合には、修理してきれいにし転売できる可能性が高いので積極的に高い値段で買取ります。
すると新たに購入する中古車も安く買うことができます。
こうした豆知識を持っていると、車の処分で損することはありません。

廃車買取の必要書類はたくさんあるので早めに準備しよう

廃車買取を依頼する場合には、必要書類が数多くあるため、早めに準備をしておくことが求められます。
普通自動車と軽自動車では、廃車買取の際の必要書類も異なりますが、普通自動車の場合に必要になるものが、自動車検査証や自賠責保険証明書、実印と印鑑証明書、その他にもナンバープレートや譲渡証明書、委任状等です。
自動車検査証とは一般的に車検証と呼ばれるものであり、自動車に積んであるはずです。
車検切れの場合には自賠責保険証明書は特に必要ありません。
自動車を処分するためのものがリサイクル券で、用紙がなければ業者に相談しましょう。
譲渡証明書と委任状には捺印が2カ所必要で、実印があれば業者が用意してくれる用紙を使うこともできます。
他にもすでに一時抹消登録がすんでいる場合には登録識別情報通知書なども必要になります。
車種や事故の状況などによっても異なる点があるため、事前に相談をして把握しておくことが大切です。
用意できなければ手続きがどんどん延びてしまうため、早めの準備を心がけましょう。

廃車買取の手続きは代行してもらうことも可能

既に乗る予定のない車や型が古い車の他、状態が悪い車などは廃車にする事が多いです。
ただし単純に廃車にするのではなく買取サービスを利用することで、お得に現金に変える事ができるのがポイントになります。
買い取ってもらう事でお得に整理する事が出来ますが、手続きが大変だったり手間だと考えるとなかなかサービスを利用できない場合も多いです。
そんな時に便利なのが代行サービスであり、買取自体の手続きも含めて代わりに行ってもらう事が出来ます。
実際に代行サービスを提供しているのはディーラーの他に、行政書士や中古車を買い取っている業者などを利用する事が可能です。
利用できる企業に違いがあると同じように、代行サービスにかかる費用にも違いがあるのでその点はしっかり把握しておくようにします。
ディーラーの場合は最低でも1万円程度費用が必要ですが、中古車を取り扱っている業者であれば場合によっては費用はかからない事もありそれぞれの特徴を理解して利用する事が大切です。

廃車買取はネットで申し込むことができる

"

インターネットが普及した今日では、廃車買取は電話だけでなくWeb上で申し込むこともできます。
方法は簡単で、廃車買取業者の公式Webサイト内に設けられている申し込みフォームに、依頼者の個人情報と廃車にしたい車両の情報を入力して送信するだけです。
業者側では申し込みを受けた後、データをもとに査定を行い、依頼者は通知された価格やその根拠をもとに売却するかどうかを判断します。
売却する場合は打ち合わせに移行し、車の引き取り日時や代金の支払い方法を決め、後日実行されます。
業者によってはデータをもとにした査定だけでなく、より正確な価格を出すために実車査定を行うことがあります。
業者側から尋ねられる車両に関する情報は主に、メーカー・車種・グレード・年式・走行距離です。
走行距離はエンジンをかけて車内に保存されているデータを見ないとわかりませんが、それ以外は車検証や取扱説明書、パンフレットなどを見ればわかるので、業者に申し込みを行う前に手元に用意しておきましょう。

"

ナンバープレートは返却するのが廃車買取のルール

廃車買取をする場合、ナンバープレートは発行した自治体に返却するのがルールです。
もしこのナンバーを利用したい場合は、一時的に廃止する手続きを行います。
もう利用することはない場合は永久抹消登録と呼ばれる手続きを行い、いずれかを選ぶ必要があります。
手続きには自治体が用意している所定の申請書類と、本人確認書類が必要です。
もちろん本人がその地域に住んでいることを確認するための住民票も必要で、何を用意すれば良いかは申請用紙や申請に係る説明資料に記載があるのでよく読んでおきましょう。
各種ディーラー側でも廃車買取の際に動揺に手続きを代行してくれたりサポートしてくれたりする場合も多いので、その点については安心材料です。
一時的に抹消する手続きを行ったら、次は新しい車を購入してその車に引き継ぐ手続きが必要になります。
再度の手続きは手間にはなりますが、愛着のある番号であれば引き継げるという点がメリットともとらえられるのです。